【データ至上主義】TAKAの競馬ブログ

血統を中心とした過去の傾向データをもとに、期待値の高い馬券を狙い打ちます。

エピファネイア産駒 出走情報<1月11日(土)>

f:id:tk5656539:20191207172534j:plain

1回 中山 3日目

1R 9:55 3歳未勝利 ダ1200
5.クサヒバリ O.マーフィー【△】
前走は勝ちパターンでしたが、相手が悪かったぶんの2着でした。ただ、コンスタントに使われているので、状態を維持できているかがカギです。

3R 10:55 3歳未勝利 ダ1200
11.ロワマージュ 北村宏司【△】
余裕残しの前走を叩いて状態面の上積みは大きそうです。

15.サクセスリバース 石川裕紀人【△】
こちらも新馬戦を叩いた上積みでどれだけ前進できるできるかでしょう。

まだデータ数は少ないですが、ダート1200mでエピファネイア産駒の掲示板に載った回数(馬場状態別)はこのようになっています。

良馬場→9回中5回
良以外→6回中1回

この条件で好走するにはダートが乾く必要がありそうです。

4R 11:25 3歳新馬 ダ1800
7.テオファーニア 北村宏司【△】
エピファネイア産駒のダート新馬戦は(0.1.0.14)と最悪の相性ですが、母は新馬勝ちしています。きょうだい新馬戦成績(1.0.1.2)、しまも中山ダート1800mでの勝ちがあるので、取捨が難しいところです。

1回 京都 3日目

2R 10:40 3歳未勝利 ダ1800
4.キャルブルー 川島信二【△】
前走は前が崩れる展開で外めを先行していた割には良く粘っていました。前進はありそうです。

4R 11:40 3歳1勝クラス ダ1200
2.スマートカーリー 吉田隼人【消】
この条件に替わってレース振りが良くなる気はしませんし、手を出しにくいでしょう。

5R 12:30 3歳未勝利 芝2200
2.ジュビラーテ 和田竜二【▲】
エピファネイア産駒が芝2200m以上に出走するのは今回が初めてですが、2000mを得意としているので、この距離もこなせるハズです。切れ味勝負に屈した前走からの条件替わりで期待です。

3.ナリタアレス 太宰啓介【△】
昨年の夏では本格化はまだまだ先といった感じでした。馬体は成長しているようですし、前進はできそうです。

6R 13:00 3歳新馬 芝1600
11.ランスオブニンフ 荻野極【○】
エピファネイア産駒の京都芝1600mは(3.2.2.16)で、3着内率44%と大の得意です。姉も新馬戦で3着の実績があります。

※評価は5段階で表しています
【◎】【○】【▲】【△】【消】